Brand Story

エコロジーレーベルに込めた想い

エコロジーレーベルのイメージ画像

どんなものでも「日本製=品質が良い」と感じる今
それは、ものづくりへ強い想いを持って、技術を磨いてきた職人さんたちが培ってきた日本が世界に誇れるイメージです。デザインも技術も、日本人が持つものづくりへのこだわりはすごい。

けれど、家はどうだろう?

実は日本の家は先進国の家づくりとしては、とても遅れているのです。
Ecology Lebel-エコロジーレーベル-は、和歌山の岩出市を中心に家づくりに携わってきた一人のちょっと変わっていて、ちょっと真面目な大工が立ち上げた新築・リフォーム・リノベーションのブランドです。住まう人の様々な「心地-kokochi-」を考えて、世界と比較しても引けを取らない家づくりをご提案しています。

和歌山県の地図イラスト
Our house
Value
サスティナブルな暮らしのイメージ画像

サスティナブルという言葉を知っていますか?
それは、「持続可能な」という意味。
日本の家は、寿命が約27年とも言われています。35年ローンを組んで払い終わらないうちにあなたの家は価値がありませんと言われてしまうそんな家づくりはしたくないという想いから私たちの家づくりは始まりました。

そんな私たちの家づくりは、「エコな家」「健康」「空気の質」をテーマにしています。
人も地域も地球もサスティナブルになるような家と暮らしをご提供します。

Contents

如月建設の家づくりのこと

House Column

2020年6月18日

Scene Column

Event Column